怪奇探偵COLLECTION

マレーシアの熱帯雨林に
謎の類人猿が棲息か

[クアラルンプール 1日 ロイター]地元紙や通信社が南部熱帯雨林で巨大な類人猿が目撃されたと報じたことから、マレーシアでは「ビッグフット」説が浮上し話題を呼んでいる。

報道によると、先住民の男性からジョホール州にある、うっそうとした熱帯雨林の川のそばに身長3メートルの類人猿が2本足で立っていたのを目撃したとの届け出があった、と同州の国立公園局の担当者がロイター通信に語ったという。
「先住民の男性は、類人猿は全身が毛で覆われ、ゴリラのようだったと言っていた」
と国立公園局のハシム氏は述べた。

ハシム氏は先週、目撃情報のあった地域に住む先住民たちに聞き取り調査をするため、森林警備官チームや記者とともに四輪駆動車でマデック森林保護区に向かった。





発見されたビッグフットの足跡を撮影した写真がこれである

さらに、その獣が実在するのか空想なのかを立証するために偏見なく、専門家らの協力を求めているとし、「われわれは目撃情報に関するデータを収集しているところだ」とつけ加えた。

また、より多くの観光客を誘致するための宣伝行為ではないかとの見方については否定した。しかし、最近公開された映画「キング・コング」や、ビッグフット伝説など一連のブームに乗ろうとしている感は否めない。

国内メディアは今回の話を「ビッグフットの足跡に乗る森林警備官」「先住民がビッグフットと遭遇」などと面白おかしいヘッドラインで報道している。ある新聞は、泥の中の大きくぼやけた写真を「足跡」と称して掲載した。

[ 2006年1月1日19時29分 ]