怪奇探偵COLLECTION

TOPCOLUMN怪奇探偵★焼酎コレクション

私が飲んでいる焼酎です。
写真は720mlのボトルです。
written by 小池壮彦



芋焼酎
 
らん

口に含んだときの香ばしさが比類なく、飲むたびに新たな発見があります。いまはなぜか干し芋焼酎にはない干し芋の香りと舌触りを感じています。米麹を使わない全芋焼酎では「一刻者」も飲みますが、「蘭」の華やかな香味は忘れ難いものです。




芋焼酎
 やきいも黒瀬 くろせ

焼き芋焼酎では「鬼火」がよく出回っていますが、ハッキリ言ってがっかりしませんでしたか? 黒瀬なら甘みがしっかりと舌に乗り、焼き芋の余韻を味わえます。穏やかな後味が印象的で、焼酎コレクションには欠かせない美味い酒です。




芋焼酎
  ゆかり

紫と書いて「ゆかり」と読む。種子島酒造の傑作です。紫芋のふっくらした甘さが口の中で波紋を広げ、のどごしはあくまですっきりしている。フルーティな味わいと焼き芋焼酎にも通じる香ばしさを合わせもち、芋の皮の残り香があとを引きます。




黒糖焼酎
 壱乃醸朝日いちのじょうあさひ


ラム酒のような…とよく形容されますが、舌に乗るときのまったり感が似ています。朝日は飛乃流も逸品ですが、壱乃醸は黒糖を通常の倍掛け使用して仕込むだけあって芳醇さは随一です。やや入手しづらくなっているのが心配です。




米焼酎
 黙壺子 もっこす

米焼酎は日本酒のイメージもあって北の地方が美味いだろうと思い、いろいろ試しましたが、米の甘さ、舌への乗り、余韻のバランスが優れているのは南の球磨焼酎(熊本)でした。中でも香味のふくよかな黙壺子を愛飲しています。

                                                


ページトップに戻る